何かへの旅 1971-1974
森山大道

品切

品切重版未定

櫻花(1972年)、日本三景(1974年)ほか
雑誌連載作品などを収録。

  • 刊行年月: 2009.9
  • B5判変型(タテ261mm×ヨコ180mm)
  • 並製カバー装484頁(カラー150頁)
  • 本体価格3,600円
  • ISBN978-4-901477-49-9

ニューヨーク・シチー(1972年)/櫻花(1972年)/地上(1973年・連載12回)/日本三景(1974年)ほか雑誌連載作品などを収録。

「ぼくの20代後半の写真へのおもなこだわりは「写真とは何か?」だった。そして、30代前半のこだわりの多くは「写すとは何か?」だった。発刊される2巻の本におさめられた10年間は、写真雑誌を実験の場として、写真について、もっとも思いをめぐらせた、写真と自身へのたえざる問いかけの時代だった。いわば、ぼくと写真との格闘の軌跡であり記録なのである」(森山大道)。

紹介記事

  • 著者自著紹介(「朝日新聞」2009年12月12日付夕刊「文化」面「「雑誌で鉱脈発見」僕のプータロー時代」)
  • 粟田大輔氏書評(「美術手帖」2009年12月号「INFORMATION: BOOK」欄)
  • 石川直樹氏書評(「FIGARO japon」2009年12月20日401号)
  • 大竹昭子氏書評(「KINOKUNIYA書評空間BOOKLOG」2009年11月27日付)
  • 「煎」氏書評(「読売新聞」2009年11月8日付「よみうり堂・本」欄)

森山大道(もりやま・だいどう)
1938年生。写真家。月曜社での近年の出版物に、『森山大道写真集成シリーズ 1-5』(2018-2021年)、『K』(2017年)、『絶対平面都市』(鈴木一誌共著、2016年)、『Osaka』(2016年)、『犬と網タイツ』(2015年)、『ニュー新宿』(2014年)、『通過者の視線』(2014年)などがある。
最新の動向、および詳細なプロフィールは、公式サイトをご参照ください。

Scroll to Top
Copy link