アルトー・コレクションIII

カイエ
アントナン・アルトー

¥5,200 (税別)

荒井潔[訳]

2022年09月20日取次搬入予定

  • 刊行年月:2022年9月
  • 46判上製608頁
  • 縦188mm×横130mm
  • 本体価格5,200円
  • ISBN:978-4-86503-149-2

アルトーの激烈な思考の生成を刻印した「ノート」から編まれた最も異様なる書。世界を呪いながら「器官なき身体」を発見する戦いの言葉。『アルトー後期集成III』(河出書房新社、2007年)所収の「カイエ」を全面改訳し、最晩年の1948年執筆分を中心に18編(200頁分)を増補した決定版。

※アルトー・コレクション既刊…I:ロデーズからの手紙II:アルトー・ル・モモ。続刊…IV:手先と責苦

アントナン・アルトー(Antonin Artaud)
1896年9月4日、父アントワーヌ=ロワと母ユーフラジー・ナルバスの長子として生まれる。5歳のとき、脳脊髄膜炎を患い一命をとりとめる。1921年、俳優としてデビュー。1924年、ジャック・リヴィエールとの往復書簡発表。シュルレアリスム・グループに参加。27年に離脱。1932年、「残酷の演劇宣言」。34年、「ヘリオガバルス」。36年にメキシコへ、37年にはアイルランドへ旅し、そこからフランスに強制送還され、その後、46年まで精神病院に監禁される。48年、「ヴァン・ゴッホ」でサント・ブーヴ賞、一方、ラジオのための「神の裁きと訣別するため」は放送禁止となる。3月4日、イヴリーの療養所で死去。

荒井潔(あらい・きよし)
1963年生まれ。防衛大学校准教授。文学博士(パリ第4大学)。訳書、『アルトー後期集成Ⅲ』(共訳)。論文「Le problème de l’expression chez Antonin Artaud」「アントナン・アルトーにおける《自画像》の問題」「『手先と責苦』における構成の問題」など。

関連する本

Scroll to Top
Copy link