戦闘への招待
谷川雁

¥2,400 (税別)

解題:坂口博

  • 刊行年月:2022年9月
  • 46判並製296頁
  • 縦188mm×横130mm
  • 本体価格2,400円
  • ISBN:978-4-86503-148-5
カテゴリー: , タグ: ,
詩人にして思想家、オルガナイザーである谷川雁の初期重要作全4冊、第2回2冊同時刊行。
1960年のふたつの闘争から擬似市民的ニヒリズムと土着アナーキズムの断層を透視し日本の二重構造を描きだす実践的批判の書、第三評論集(初刊1961年、現代思潮社)の新訂版。
 
※谷川雁既刊書『原点が存在する』『工作者宣言』(ともに8月刊)

谷川雁(たにがわ・がん)
1923年熊本県水俣市生まれ。95年没。45年 東京大学文学部社会学科卒業。8カ月の従軍。58年、森崎和江、上野英信、石牟礼道子らと「サークル村」を福岡県中間市で創刊。60年、中間市の大正炭坑を拠点に大正行動隊を組織。61年、吉本隆明、村上一郎と「試行」創刊。62年、「自立学校」で吉本隆明、埴谷雄高らとともに講師をつとめる。80年代以降は、「十代の会」「ものがたり文化の会」などを組織し、子どもの教育にかかわる。

坂口博(さかぐち・ひろし)
1953年佐賀県伊万里市生まれ。滝沢克己・キェルケゴールなどの哲学および文学書の出版に携わる。著書に『校書掃塵』(花書院)、共編著に『「サークルの時代」を読む』(影書房)、共著『『〈原爆〉を読む文化事典』(青弓社)など。

関連する本

Scroll to Top
Copy link