アルトー・コレクションII

アルトー・ル・モモ
アントナン・アルトー

¥4,000 (税別)

鈴木創士・岡本健[訳]

  • 刊行年月:2022年8月
  • 46判上製448頁
  • 縦188mm×横130mm
  • 本体価格4,000円
  • ISBN:978-4-86503-147-8

アルトーの言語破壊の頂点にして「残酷演劇」の実践である詩作品「アルトー・ル・モモ」、後期思想を集約した「アルトー・モモのほんとうの話」、オカルトとの訣別を告げる「アンドレ・ブルトンへの手紙」など、鬼才のエッセンスを編んだ重要テクスト集。本邦初訳70頁。2007年に刊行された河出書房新社版『アルトー後期集成』第I巻および第III巻の新編(合本改訂増補版)。

※月曜社「アルトー・コレクション」続刊・・・「III:カイエ」「IV:手先と責苦」。既刊・・・「I:ロデーズからの手紙」。

目次

アルトー・モモのほんとうの話
アンドレ・ブルトンへの手紙
アンリ・パリゾへのロデーズからの手紙
アンリ・パリゾへの最後の手紙
ロデーズの司教
一九四四年 ロデーズの小品三篇
この作品を読むと
詩への反逆
フランス人におけるアンティゴネ
英文作品の翻案五篇
ルイス・キャロルの翻案
一主題に関する変奏曲
チェックメイト・カーペットの騎士
幼虫ラルヴと人間ローム
追伸
火の乳呑み子
イズラフェル
覚書 一九四三年~一九四四年
アルトー・ル・モモ
アルトー・ル・モモの帰還
毋サントル-メールと神パトロン-ミネ
絶対者への侮辱
父-母への呪詛
精神異常と黒魔術
インディオの文化
此処に眠る
ピーター・ワトソンへの手紙
草稿
「アルトー・ル・モモ」の余白に書かれた断片
「インディオの文化」の余白に書かれた断片
「此処に眠る」の余白に書かれた断片
精神異常と黒魔術〔草稿〕
母サントル-メールと神パトロン-ミネ〔草稿〕
父-母への呪詛〔草稿〕

解題
訳者あとがき 鈴木創士・岡本健

アントナン・アルトー(Antonin Artaud)
1896年9月4日、父アントワーヌ=ロワと母ユーフラジー・ナルバスの長子として生まれる。5歳のとき、脳脊髄膜炎を患い一命をとりとめる。1921年、俳優としてデビュー。1924年、ジャック・リヴィエールとの往復書簡発表。シュルレアリスム・グループに参加。27年に離脱。1932年、「残酷の演劇宣言」。34年、「ヘリオガバルス」。36年にメキシコへ、37年にはアイルランドへ旅し、そこからフランスに強制送還され、その後、46年まで精神病院に監禁される。48年、「ヴァン・ゴッホ」でサント・ブーヴ賞、一方、ラジオのための「神の裁きと訣別するため」は放送禁止となる。3月4日、イヴリーの療養所で死去。

鈴木創士(すずき・そうし)
1954年生まれ。著書に『芸術破綻論』、『文楽徘徊』、『離人小説集』など。訳書にアルトー『演劇とその分身』、『ヘリオバルスあるいは戴冠せるアナキスト』、『神の裁きと訣別するため』(共訳)、『ランボー全詩集』など多数。

岡本健(おかもと・けん)
1959年生まれ。共訳書に『アルトー後期集成Ⅰ』、ベルトラン・ヴェルジュリ『幸福の小さな哲学』など。論文「砕け散った鏡の後に」など。

関連する本

Scroll to Top
Copy link