シリーズ・古典転生

構造と生成 I カヴァイエス研究
近藤和敬

品切

夭逝した数理哲学者ジャン・カヴァイエスについての本邦初の本格的モノグラフ。若き科学哲学者による鮮烈なるデビュー作。

  • 刊行年月: 2011.12
  • A5判上製264頁
  • 本体価格3,600円
  • 22cm
  • ISBN978-4-901477-89-5

数理哲学者としてフランス・エピステモロジーの礎を築き、ナチス占領期にレジスタンスの闘士として銃殺されたジャン・カヴァイエス(1903-1944)。彼の先駆的業績をその〈概念の哲学〉のうちに見出し、現代的再評価への扉を開く、俊英による渾身の力作。本邦初の本格的モノグラフ。
シリーズ「古典転生」第5回配本(本巻第4巻)

 

目次

序論  「操作」というテーマについて
第1章 カヴァイエスの哲学史解釈と操作概念
第2章 ブラウアーの直観主義と操作概念
第3章 ヒルベルトの公理的方法と概念の哲学
第4章 操作と概念の弁証論的生成
第5章 真理の経験と現象する知性としての数学
第6章 概念の哲学とモノの認識論
結論  「概念の哲学」の未来に向けて

文献表

引用文献一覧
あとがき

紹介記事

  • 原田雅樹氏書評(「週刊読書人」2012年4月13日号「日本初の研究書――「概念の哲学」を導入した思想家」)
  • 森元斎氏書評(「図書新聞」2012年3月3日号「哲学のお化け図鑑に名前が載る日――さらなる「概念の哲学」のプログラムの射程を推し量る」)
  • (フ)氏書評(「書標」2012年2月号「書標・書評」欄)
  • 金森修氏短評(「みすず」2012年1・2月合併号「2011年読書アンケート」)
  • 十川幸司氏短評(「みすず」2012年1・2月合併号「2011年読書アンケート」)

近藤和敬(こんどう・かずのり)
1979年生まれ。2008年、大阪大学人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。龍谷大学非常勤講師。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター招聘研究員。共著:『ドゥルーズ/ガタリの現在』(平凡社、2008年)、『エピステモロジーの現在』(慶應義塾大学出版会、2008年)、『生権力論の現在』(勁草書房、2011年)、『VOL 05 エピステモロジー』(以文社、2011年)。訳書:ジャン・カヴァイエス『構造と生成II――論理学と学知の理論について』(月曜社、近刊)。

Scroll to Top
Copy link