アヴァンギャルドのオリジナリティ モダニズムの神話
ロザリンド・E・クラウス

¥4,500 (税別)

谷川渥・小西信之[訳]

20世紀美術批評の最重要論集
改訳新版

  • 刊行年月: 2021.03
  • 46判上製480頁
  • 本体価格4,500円
  • 18.8 x 13 x 2.9 cm
  • ISBN 978-4-86503-109-6

20世紀美術批評の最重要論集。モダニズム芸術の中核概念である「特異性」「オリジナル」「唯一性」「原作者」「自発性」などを神話として分析し、それらによって覆い隠されている「反復」「コピー」「差異」「パスティッシュ」「展示空間」といった現実を顕わにする論争の書。美術をめぐる言説に、時代を超えて刺激を与え続けている現代の古典、改訳にてついに再刊。(原著1985年刊。『オリジナリティと反復』リブロポート、1994年刊を全面的に改訳した新版)

原著:The Originality of the Avant-Garde and Other Modernist Myths, MIT Press, 1985.

目次

謝辞

I モダニズムの神話
グリッド
ピカソの名において
ノー・モア・プレイ
シュルレアリスムの写真的条件
この新たな芸術――空間に描くこと
写真の言説的空間
アヴァンギャルドのオリジナリティ
敬具(シンシアリー・ユアーズ)
II ポストモダニズムへ向けて
指標論 パート1
指標論 パート2
ジャクソン・ポロックを読む、抽象的に
ルウィット・イン・プログレス
リチャード・セラを訳す
展開された場における彫刻
ポスト構造主義と準文学的なもの

訳者解説
クレジット
人名索引
事項索引

 

紹介記事

ロザリンド・E・クラウス(Rosalind E. Krauss)
1940年生。コロンビア大学教授。美術史・美術批評。1993年『視覚的無意識』(月曜社、2019年)、1997年『アンフォルム――無形なるものの事典』(イヴ=アラン・ボワ共著、月曜社、2011年)、1998 年『ピカソ論』(青土社、2000年)、1999年『独身者たち』(平凡社、2018年)、など。

訳者:
谷川渥(たにがわ・あつし)
美学者。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。著書に、『鏡と皮膚――芸術のミュトロギア』(ちくま学芸文庫、2001年)、『シュルレアリスムのアメリカ』(みすず書房、2009年)、『新編 芸術をめぐる言葉』(美術出版社、2012年)、『肉体の迷宮』(ちくま学芸文庫、2013年)、『芸術表層論』(論創社、2017年)、『文豪たちの西洋美術』(河出書房新社、2020年)など。
小西信之(こにし・のぶゆき)
美術評論。東京藝術大学大学院美術研究科修了。愛知県立芸術大学教授。共著に、藤枝晃雄・谷川渥編著『芸術論の現在』(東信堂、1999年)、多木浩二・藤枝晃雄監修『日本近現代美術史事典』(東京書籍、2007年)、共訳にハル・フォスター/ロザリンド・E・クラウスほか『ART SINCE 1900――図鑑 1900年以後の芸術』(東京書籍、2019年)。

Scroll to Top
Copy link