ENSEMBLES(アンサンブルズ)
大友良英

¥2,000 (税別)

同期なき共存。
2008年夏、YCAM山口情報芸術センターにおける大友良英初の展覧会の記録。

  • 刊行年月: 2009.11
  • B5判変型(タテ257mm×ヨコ190mm)
  • 並製カバー装120頁(カラー24頁)
  • 本体価格2,000円
  • ISBN978-4-901477-50-5
カテゴリー: , タグ: , ,

同期なき共存。2008年夏……YCAM山口情報芸術センターで開かれた大友良英初の展覧会「ENSEMBLES」、その発想から撤収までを、大友自身のノート、インタビュー、対談などで構成。図版多数収載。

紹介記事

  • 久保正樹氏書評(「intoxicate」83号(2009. 12. 20発行)「O-CHA-NO-MA REVIEW:知識のお茶の間」欄)

大友良英(おおとも・よしひで)
1959年生まれ。ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/プロデューサー。ONJO、Anode等常に複数のバンドを率い、またFilamnet、JoyHeights等数多くのバンドに参加。日本はもとより世界各地でのコンサートやレコーディング等、常にインディペンデントなスタンスで活動する。特に現代音楽や即興、ノイズの分野における欧米での評価は高い。ノイズやフィードバックを多用した大音量の作品から、音響の発生そのものに焦点をあてたスポンテイニアスな作品、また近年はジャズの作品も多く、その作風は多種多様。また、カヒミ・カリィや浜田真理子等のプロデューサーとしても活動する一方、映画音楽(最新作は「色即ぜねれいしょん」)、テレビドラマの音楽(最新作はNHKドラマスペシャル「白洲次郎」)に至るまで数多くの作品を手がけ、ベルリンをはじめとした多くの映画祭で受賞するなど、高い評価を得ている。
【著書】『MUSICS』(岩波書店、2008年)、『大友良英のJAMJAM日記』(河出書房新社、2008年)、ユリイカ臨時増刊号「大友良英」(2007年)。
最新の動向、スケジュール等は、以下のサイトをご参照ください。
大友良英 日本語ホームページ
大友良英のJAMJAM日記(ブログ)

Scroll to Top
Copy link