叢書・エクリチュールの冒険

賽の一振り
ステファヌ・マラルメ

¥2,200 (税別)

柏倉康夫[訳]

マラルメの作品世界の極点に輝く最晩年の詩篇の新訳

  • 刊行年月:2022年3月
  • A5判並製90頁
  • 本体価格2,200円
  • ISBN:978-4-86503-130-0

マラルメの作品世界の極点に輝く最晩年の詩篇「賽の一振りは断じて偶然を廃することはないだろう」の新訳。付録として、マラルメ自身による「詩篇「賽の一振り」に関する考察」と、ユレによるインタヴュー「文学の進展について」を併載。原典各版の成立と既訳書をめぐる訳者による懇切な紹介を付す。「じつは、お分かりでしょうが、と、先生はわたしの手を握りながら言った、世界は一冊の美しい書物に至るためにつくられているのです」(「文学の進展について」より)。叢書・エクリチュールの冒険第20回配本。

ステファヌ・マラルメ(Stéphane Mallarmé, 1842-1898):19世紀のフランス象徴詩を代表する詩人。訳書に『マラルメ全集』(全5巻、筑摩書房、1989~2010年)、『マラルメ詩集』(渡辺守章訳、岩波文庫、2014年)など。

柏倉康夫(かしわくら・やすお、1939‒):放送大学名誉教授。京都大学博士(文学)。フランス国家功労勲章叙勲。マラルメに関する近年の著訳書に以下のものがある。『生成するマラルメ』(青土社、2005年)、ゴードン・ミラン『マラルメの火曜会』(行路社、2012年)、『[新訳]ステファヌ・マラルメ詩集』(電子書籍版、青土社、2017年3月;私家版、2017年6月;改題改訳版『詩集』月曜社、2018年8月)。

Scroll to Top
Copy link