シリーズ・古典転生

イデア数理哲学論集 イデア・実在・弁証法
アルベール・ロトマン

¥4,500 (税別)

近藤和敬/中村大介/原田雅樹/米虫正巳[訳]・解説

日本初の主要論考アンソロジー

  • 刊行年月: 2021.06
  • A5判上製192頁
  • 本体価格4,500円
  • 21 x 14.8 x 2.1 cm
  • ISBN978-4-86503-110-2

若くしてナチスの銃弾に倒れたロトマン(1908-1944)は、カヴァイエス(1903-1944)と同様に、戦後のフランスにおける独創的な数理哲学の豊かな源泉であり続けてきた。博士副論文『数理諸科学の現代的展開における統一性について』(1937年)、『数学の弁証法的構造について:新たな探求』(1939年)、および死後に刊行された遺稿「数学と物理学における対称性と破れた対称性」「時間の問題」(1946年)を収録し、ドゥルーズやバディウにも多大なる影響を与えてきた主要論考を集成する。日本初の翻訳選集、解説論考4本併載。シリーズ・古典転生第24回配本、本巻23。

目次

翻訳
1. 数理諸科学の現代的展開における統一性について|近藤和敬[訳]
2. 数学の弁証法的構造について――新たな探究の試み|中村大介[訳]
3. 数学と物理学における対称性と破れた対称性|原田雅樹[訳]
4. 時間の問題|原田雅樹[訳]
解説
1. 現代フランス哲学の先駆者アルベール・ロトマン|米虫正巳
2. ロトマンの数理哲学におけるプラトニスムーーイデアとディアレクティック|中村大介
3. ロトマンの数理物理学の理解と20世紀初頭のフランス哲学史|近藤和敬
4. ロトマンの数理物理学の哲学と現代の素粒子の標準模型|原田雅樹
訳者あとがき

アルベール・ロトマン(Albert Lautman)
1908–1944。フランスの数理哲学者。大学教員資格試験に合格した翌年の1931年9月から2年間訪日し、大阪で教鞭をとる。フランス帰国後は各地のリセで教えつつ研究を進め、1937年博士号を取得。第2次大戦で対独戦争に参加し、動員解除後は対独レジスタンス活動に身を投じる。1944年8月ジロンド県スージュ収容所で銃殺された(享年36)。

訳・解説者:
近藤和敬(こんどう・かずのり)
1979年生。鹿児島大学法文教育学域法文学系准教授。著書:『ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を精読するーー〈内在〉の哲学試論』(講談社選書メチエ、2020年)、『〈内在〉の哲学へーードゥルーズ、カヴァイエス、スピノザ』(青土社、2019年)、『カヴァイエス研究』(月曜社、2011年)。訳書:ジャン・カヴァイエス『論理学と学知の理論について』(月曜社、2013年)。
中村大介(なかむら・だいすけ)
1976年生。豊橋技術科学大学総合教育院准教授。著書:『数理と哲学ーーカヴァイエスとエピステモロジーの系譜』(青土社、2021年)。
原田雅樹(はらだ・まさき)
1967年生。関西学院大学文学部教授。共著:『エピステモロジー』(金森修編、慶應義塾大学出版会、2013年)。
米虫正巳(こめむし・まさみ)
1967年生。関西学院大学文学部教授。著書:『自然の哲学史』(講談社選書メチエ、2021年)。

Scroll to Top
Copy link