シリーズ〈哲学への扉〉

意志の倫理学 カントに学ぶ善への勇気
秋元康隆

品切

倫理的善をいかに実践しうるか。

  • 刊行年月: 2020.01
  • 46変型判並製296頁
  • 本体価格2,100円
  • 18 x 11.4 x 2 cm
  • ISBN 978-4-86503-093-8

倫理的善への道は万人に開かれている。カントやその批判者たちから学びつつ、そこから我々が生きる上での糧が得られることを示す本書では、利己性を排除した純粋な意志のうちに善性を見出すことを論じる。意志することに、才能、運、結果といった偶発的要素は必要ない。己の信念を行動に移す勇気と決意さえあれば、確実に道徳的善をなすことができるのだ。論旨を随時図式化して理解に資するとともに、用語解説、読書案内などを添える。【シリーズ〈哲学への扉〉、第6回配本】

目次

はじめに
用語集
第一部 カントの言葉を頼りに考えてみる
第二部 伝統的な巻と倫理学批判
第三部 カント倫理学への批判的考察
第四部 他の倫理学説との関係
ミルの古典的功利主義
アリストテレスの倫理学説
ジョン・ロールズの正義論
ユルゲン・ハーバーマスの討議倫理学
第五部 カントの啓蒙思想と教育論
カントからの引用文献
読書案内
あとがき

秋元康隆(あきもと・やすたか)
1978年生まれ。高校卒業後に一度会社勤めをしたものの、そこで人生の意味について真剣に考えるようになり、日本大学の哲学科に入学。同学大学院において修士課程修了後、トリア大学教授であり、カント協会会長であるBernd Dörflinger 教授のもとで博士論文を執筆。博士号取得後も講師として同学に残り、カント倫理学のゼミナールを担当し、現在に至る。主要業績として、Das Lügenproblem bei Kant(博士論文、2016年)、「カント倫理学におけるアリストテレス的アレテーの役割について」(『倫理学年報』64号所収、2015年)、「人の弱さと不純についてーーいかなる意味でそれは悪なのか」(『日本カント研究』20号所収、2019年)、等。ブログ yasutakaakimoto.comにて定期的に記事を配信中。

Scroll to Top
Copy link