Hashima
松江泰治

¥3,600 (税別)

精緻なる廃墟=軍艦島の迷宮。

  • 刊行年月: 2017.02
  • A5変形(タテ146mm×ヨコ225mm)ソフトカバー168頁(作品点数160点、ダブルトーン印刷)
  • 本体価格3,600円
  • 22.8 x 2.5 x 15.3 cm
  • ISBN978-4-86503-040-2

廃坑—無人島となって9年後、1983年に軍艦島=端島(Hashima)の廃墟をとらえた未発表作品集。作家本人がフィルム原板から精緻にデジタルデータ化・リマスタリング。

作者インタビュー「Hashimaのころ」(PDF:hashima_text_17_0205ol

紹介記事

  • 紹介記事(「信濃毎日新聞」2017年3月26日付など[共同通信配信])
  • 紹介記事(「CANON PHOTO CIRCLE」2017年4月号「今月の新刊」)

松江泰治(まつえ・たいじ)
1963年東京生まれ。東京大学理学部地理学科卒業。2002年 第27回木村伊兵衛写真賞、2012年 第28回東川賞国内作家賞受賞。写真集に、LIM(青幻舎、2015年)、世界・表層・時間(NOHARA、2013年)、JP-01 SPK(赤々舎、2014年)TYO-WTC(赤々舎、2013年)、jp0205(青幻舎、2013年)、cell(赤々舎、2008年)、JP-22(大和ラヂエーター製作所、2006年)CC(大和ラヂエーター製作所、2005年)、Gazetteer(大和ラヂエーター製作所、2005年)、Taiji Matsue(ヒステリックグラマー、2001年)。

Scroll to Top
Copy link