月曜社 Getsuyosha Limited 書籍出版 人文社会・芸術書
HOME 近刊 既刊 PLACE M ご購入案内 ウラゲツ☆ブログ English


地理哲学 ドゥルーズ&ガタリ『哲学とは何か』について
ロドルフ・ガシェ=著
大久保歩=訳

ジャンル :人文・哲学思想
刊行年月:2021.03
46判並製296頁
本体価格3,000円
ISBN:978-4-86503-105-8

書影を拡大


ドゥルーズ&ガタリの最後の著作を精緻に読解し、哲学とは何か、またその条件とは何かを探究する試み。哲学は、科学や芸術や宗教とは異なる独特な思考の営みとして、どのような性格をもつのか。なぜ哲学は古代ギリシアで誕生したのか。本書は、ドゥルーズとガタリにとっての哲学が、普遍性を希求しながらも、特定の時代と地域に成立する一種の「出来事」であるかぎり、大地に属した思考にほかならないことを明らかにする。哲学そのものは本質的に地理哲学なのだ。叢書エクリチュールの冒険、第18回配本。

原著:Geophilosophy: On Gilles Deleuze and Félix Guattari’s What Is Philosophy?, Northwestern University Press, 2014.

目次
謝辞
序論
第1章 「ギリシアの奇跡」
第2章 どの大地か?
第3章 もはや大地に縛られることのない土着的なもの
第4章 たとえば、友
第5章 飛翔すること
第6章 オピニオンを解放すること
第7章 ギリシアのフラクタル化
第8章 思考-大地
第9章 大地、自然、コスモス
訳者あとがき
文献表
人名索引

著者:
ロドルフ・ガシェ(Rodolphe Gasché)

1938年生。ニューヨーク州立大学バッファロー校比較文学科卓越教授。専門は哲学、比較文学、批評理論。翻訳では、ジャック・デリダ『エクリチュールと差異』のドイツ語訳などを手掛けている。著書に『いまだない世界を求めて』(吉国浩哉訳、月曜社、2012年)『脱構築の力』(宮﨑裕助編訳、入江哲朗/串田純一/島田貴史/清水一浩訳、月曜社、2020年)

訳者:
大久保歩(おおくぼ・あゆむ)
1972年生。大阪大学文学研究科博士後期課程在籍。専攻は哲学・政治理論。主な論文に「ニーチェ『悲劇の誕生』における美的公共圏」(『実存思想論集』三五号所収、実存思想協会編、知泉書館、2020年)、「友愛の政治と来るべき民衆――ドゥルーズとデモクラシー」(松本卓也/山本圭編著『〈つながり〉の現代思想』所収、明石書店、2018年)、共訳書にリチャード・J.バーンスタイン『暴力――手すりなき思考』(法政大学出版局、2020年)。

top

有限会社 月曜社 〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘4-47-3 電話:03-3935-0515[営業] 0424-81-2557[編集] ファックス:0424-81-2561

Copyright (C) 2021 Getsuyosha Limited. All Rights Reserved.