月曜社 Getsuyosha Limited 書籍出版 人文社会・芸術書
HOME 近刊 既刊 PLACE M ご購入案内 ウラゲツ☆ブログ English


エリアス・カネッティ 生涯と著作
須藤温子=著

ジャンル :人文思想・ドイツ文学
刊行年月:2019.02
A5判上製376頁
本体価格3,500円
ISBN:978-4-86503-070-9

書影を拡大


セファルディ系ユダヤ人であり、20世紀のドイツ語圏作家。ノーベル文学賞受賞者にして、数知れない故郷をもつ亡命者。そして、死の敵対者でありつづけた男。4つの言語を操りながらもドイツ語で書き続けたエリアス・カネッティの文学作品と思考の変遷をたどる力作。妻であり作家であったヴェーザの魅力にも触れる。【シリーズ・古典転生:第18回配本、本巻17】

目次
ウィーン・女性・ユダヤ人
 第一章 逃げゆく男――オットー・ヴァイニンガーの『性と性格』とエリアス・カネッティの『眩暈』
 第二章 「せむし」の小人たち――エリアス・カネッティの『眩暈』とヴェーザ・カネッティの『黄色い街』におけるユダヤ人の身体
群衆と権力
 第三章 群衆―他者と偶有性への活路
生・死・生き残ること
 第四章 「わたしはいかなる死も認めない」――エリアス・カネッティの死生学
コラム1 フロイトの母乳――エリアス・カネッティと精神分析
 第五章 「現実への道のひとつは絵画を経由している」――エリアス・カネッティと五枚の絵画
亡命―ウィーンを追われて
 第六章 楽園からの追放――ヴェーザ・カネッティの小説『亀たち』とオーストリア併合
 第七章 戦後オーストリアと亡命作家――ローベルト・ノイマン、ヴェーザ・カネッティ、エリアス・カネッティ
 第八章 エリアス・カネッティの『耳証人』と性格の系譜学
言語と故郷――ユダヤ人であること
 第九章 エリアス・カネッティは何語で泣いたか――母語にして迫害の言語とユダヤ性
コラム2 カネッティの贈り物
あとがき
参考文献一覧
エリアス・カネッティ略年譜
人名索引
事項索引

著者:
須藤温子(すとう・はるこ)

1972年生まれ。日本大学芸術学部教授。専門はドイツ語圏文学、表象文化論、エリアス・カネッティ、ヴェーザ・カネッティ研究。著書に『狂気のディスクルス』(共著、夏目書房、2006年)、論文に第4回日本オーストリア文学会賞受賞論文「エリアス・カネッティの群衆――他者と偶有性への活路」(『ドイツ文学』第130号、2006年)、翻訳に『エリアス・カネッティ伝記』(上下巻、共訳、SUP 上智大学出版、2013年)などがある。

top

有限会社 月曜社 〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘4-47-3 電話:03-3935-0515[営業] 0424-81-2557[編集] ファックス:0424-81-2561

Copyright (C) 2019 Getsuyosha Limited. All Rights Reserved.