月曜社 Getsuyosha Limited 書籍出版 人文社会・芸術書
舞台芸術
京都造形芸術大学・舞台芸術研究センター=発行 月曜社=発売

舞台芸術06:特集=バロック的

(2004年7月7日発売)
A5判並製320頁カバー装

本体価格2000円
ISBN:4-901477-56-0
ジャンル:芸術総記、演劇 分類コード:C0070

責任編集=太田省吾・鴻英良

書影を拡大


演劇やダンスにおける近代性とは何か。
能、歌舞伎、シェイクスピアから、アルトー、ベケット、ピナ・バウシュまで、その現在的な可能性の中心を照射する。
これまで「反近代」「反モダニズム」的な表象として捉えられてきた「バロック」を、「失われた豊穣さ」としてではなく、「近代の諸問題が始まる発露の場」として把握し、その延長線上に20世紀芸術をあらためて置きなおす。そこから、歴史的・現代的諸問題の混迷を突き破る新たな舞台芸術の可能性を探る。

目次  

オランダ絵画の語りかけ----述語の力 太田省吾
バロックの夢 鴻英良
宮沢章夫インタヴュー(聞き手=森山直人・八角聡仁)「トーキョー」から見える同時代の地図

散-歩せよ! 丹生谷貴志
狂った時代とバロック的なもの----アルトー再読の試み 塚原史
箔足のバロック 豊島重之

バロックと演劇の近代性----編集部からの問題提起 鴻英良
W・ベンヤミン『ドイツ悲劇の根源』の基本的立場と、その近代芸術論への展開 浅井健二郎

共同討議 バロック的なるもの、その可能性の中心をめぐって
浅井健二郎/古井戸秀夫/浅田彰/八角聡仁/鴻英良

スペクタクル、バロック悲劇、決断のポリティクス----ベンヤミンによるバロックとワイマールの重ね読み ルッツ・P・ケプニック 訳・解題=細見和之
『繻子の靴』あるいはグローバル演劇 渡邊守章
遮断と増殖----土方巽のモダニティ 麿赤兒
スイジャクオペラ 高橋悠治
あるイニシエーション スガ秀実
消費社会のアレゴリー 海上宏美
フレーム内で変成する「かたち」----マシュー・バーニー「クレマスター」をめぐって 天野一夫
モダン・ダンス出現の背景におけるバロック・ダンス 古後奈緒子

■時 評 ■
パレスチナから遠く離れて----「開示すべき語り=物語(ナラティヴ)」はあるのか? 内野儀
「子供の国のダンス」便り----「ギャル文字」的! 桜井圭介
仁左衛門の権太 小林昌廣
テクスト『ディクテ』の舞台化----韓国の劇団ミュトスの公演とシンポジウムから 池内靖子

■連 載 ■
観世榮夫 わが演劇、わが闘争 5 インタヴュー 聞き手=茂山千之丞
やさしい現代演劇 6 川村毅
過渡期としての舞台空間----小劇場演劇における「昭和三〇年代」 5 森山直人
北座はいま2----上手・下手という概念の起源 木戸敏郎

いつシェイクスピアはシェイクスピアであることをやめるのか?----アダプテーション理論とマクロテンポラリティ 大橋洋一

■上演台本■
マジック・アワー アルジュン・ライナ 訳=長島確 解説=鴻英良

top

有限会社 月曜社 〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘4-47-3 電話:03-3935-0515[営業] 0424-81-2557[編集] ファックス:0424-81-2561

Copyright (C) 2004 Getsuyosha Limited. & Kyoto Performing Arts Center. All Rights Reserved.