月曜社 Getsuyosha Limited 書籍出版 人文社会・芸術書
舞台芸術
京都造形芸術大学・舞台芸術研究センター=発行 月曜社=発売

舞台芸術02:特集=メディア・テクノロジー

(2002年11月6日発売)
A5判(タテ209×ヨコ148×ツカ15)並製312頁カバー装、本体価格2000円、ISBN:4-901477-52-8
ジャンル:芸術総記、演劇 分類コード:C0070

責任編集=太田省吾・鴻英良

書影を拡大


グローバルな「帝国」の出現に、芸術はいかに応答しうるのか
近代における情報・通信メディアや複製技術の発達は、私たちの社会構造や身体感覚を大きく変容させてきた。 そして現在、電子的なネットワークは世界を覆い尽くし、グローバルな「帝国」が新たに出現しようとしている。 舞台芸術はどのようにして、その現実に応答しうるのか。電脳社会における身体や空間の表象を根源的に捕らえ直し、 映像やコンピュータを用いた作品の可能性を検証する。

目次  

引用テクスト----言語メディアの試み 太田省吾
メディア・テクノロジー批判と「アート」の消滅 鴻英良

ジョン・ジェスラン インタヴュー  聞き手・構成=内野儀  われわれは今どう生きているのか?

メディア、パフォーマンス、規律群島  ピーター・エカソール 訳=森山直人
流刑地の秘書たち  豊島重之

共同討議 メディア・テクノロジーと錯乱する身体 酒井隆史/海上宏美/八角聡仁/鴻英良

〔ポストスクリプト〕私たちは技術的状態の中にいる  海上宏美
メディアとパフォーマンス----境界に沿って  ジョハンネス・ビリンジャー 訳・解題=北野圭介
アートの黒点  ポール・ヴィリリオ インタヴュー
聞き手=カトリーヌ・ダヴィッド  訳=長原豊 解説=鴻英良
身体の恐怖 北村明子
メディアあれこれ----交流・トーク・イベント・諸活動を讃えて ぺぺ長谷川
ピナ・バウシュという「ミデイウム巫女」を巡る「メディア」の政治学  エグリントン佐藤みか
「夢」の体制----殲滅される身体  清水信臣
エコロジー的転回----小説から映画へ スガ秀実

シンポジウム 映像・身体・空間----『Double/分身』をめぐって
伊藤高志/山田せつ子/稲垣貴士/倉石信乃/小林昌廣/八角聡仁

■時 評 ■
想像力を奪還する----「歴史と地理」を回復するために  内野儀
放蕩児の帰還----舞踏の捏造  國吉和子
批評における眼の機能  小林昌廣
ドイツ演劇----壁崩壊後のさらなる変位  谷川道子

■連 載 ■
観世榮夫 わが演劇、わが闘争2 インタヴュー  聞き手=渡辺保
過渡期としての舞台空間----小劇場演劇における「昭和三〇年代」1  森山直人
やさしい現代演劇2 川村毅
ブレヒトと方法2 フレドリック・ジェイムソン 訳=大橋洋一/河野真太郎

◎付録◎
年表・日本の演劇0909−1999  八角聡仁

top

有限会社 月曜社 〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘4-47-3 電話:03-3935-0515[営業] 0424-81-2557[編集] ファックス:0424-81-2561

Copyright (C) 2004 Getsuyosha Limited. & Kyoto Performing Arts Center. All Rights Reserved.